2014年11月06日

カバー曲のこと

麻邑楽を始めるとき漠然と「百眼で歌った卓哲さん曲のセルフカバーと寺山さん曲のカバー(蘭妖子さんやカルメン・マキさん)だろう」と考えていたわたしの予想を覆して、卓哲さんは麻邑楽用にオリジナル曲を数曲書き上げた。結成前から既にオリジナル曲があったので、カバーって選択肢はすっかり忘れていた。

先日は、瞬くんリクエストがあったのはもちろん個人枠だったせいで発想が違ってたのか、当然の如く「プカプカ」をカバーすることにした。麻邑楽的、初カバー。
いまさらだけど、わたしはここ数年、卓哲さんと藤宮さんの曲ばかり歌ってきたんだ。(なんと贅沢!)


反省会で「カバー、(発想の外になってたけど)思いのほかよかったね」て話が出た。
卓哲さん曰く「カバーは"有名な曲をやってみた"がありがちだけど、知られざる名曲を発掘して紹介するとか、その曲の背景が面白いとかってのを選ぶ基準にしてる。この曲は俳優も多くカバーしてるってのがいいと思ったよ」
「なるほど。この曲って男女二人出てくるじゃない?だから戯曲っぽいというか、俳優には演りやすい曲な気がする」
「なるほど。うん、普段より歌う時芝居っぽい動きというか、アクション結構あるなって思ったのはそのせいかも」
「役があると、雑居房の曲もそうだったし、あ、見世物地獄も近いかも、台詞言ってるみたいなノリになるよ」

「プカプカ」やることになって、YouTubeにあったいろんな人のversion聞いて、これは自由演技だなって判断した。そこから自分の歌いたい方向を構築していく時、頭に浮かんだ声は中島みゆきだった。20歳頃、中島みゆきの曲ばかり使った舞台をやって、フォーク時代〜世良公則プロデュースのロック路線〜瀬尾一三プロデュースの歌姫路線と一気に聞きまくった、その頃の記憶が甦った、って話をした。
それは学生の頃だから、自分でもそれが蓄積されてて急に思い出したのは意外だった。
「フォークそんなに知らないな。あとは、長渕さんの「純恋歌」とか「順子」とか、泉谷しげるとか有名なのしか…」
なんてつらつら話してた。
(この日誌を下書きで寝かせてある時期にお客様から、長渕さんと泉谷さんと中島みゆきの話がピンポイントで出てびっくりした!)
そして思い出した曲を「あ、これ知ってる?」と挙げたら、
卓哲さんが「俺それ好き。でも知らない人多いと思う」と応えた。
これも舞台のBGMで使われたから知ってた曲で、そっか、有名な曲じゃないのか。
麻邑楽に馴染みそうだし、わたしも好きな曲だし、いつかやれたらいいな。

12/14も昭和さんのリクエストで『銀幕哀吟』をやる。
詩は寺山さん、曲は時々自動の朝比奈尚行さん。これもカバー(だけど12/14は麻邑楽で出演じゃないや!)。これも漠然と、寺山さんの詩を歌えたらいいなと思っていたら、ひょんなことで叶ってしまったという、ラッキーパターン。

数年前のA・P・B-Tokyoの実験公演で、寺山さんの詩を歌ったことはある。
わたしにもらったシーンは、わたしが一人で長く喋ったあと相聞みたいに集団と掛け合いになるシーンだった。
そのシーンのト書きに「シタールを弾いている男がいる」(恐らくシーザーさんだろう)とあるのをいいことに、「曲作ってもいいですか?」と言って歌のシーンにしてしまった。稽古場からバイクでの帰り道、鼻歌で作ったメロを元にギター伴奏つけてもらった、「あいあ」というタイトルの曲。
うーん、この時は突貫工事だったから、機会があったらこれもちゃんとしたいな。
やりたいこと山積み。
なんてしあわせな人生!

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 21:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月12日

少女椿◎スタジオケビンでレコーディング  

TETRA。くんの2曲のレコーディングに、彼の先輩であるケビンさんのスタジオにお邪魔してきた。

初めての場所だけど、日章旗とか達磨とか血のりのついたシャツがあったり、百眼寮みたいで初めて来た気がしない。天井桟敷のポスター(横尾忠則さんの絵)もあったなあ。

石井さんが撮ってた録音ブース風景。


本日の歌う人はソワレちゃんと毬子ちゃんとわたし。
ディレクションが石井さんとてとらっち。エンジニア(録音・ミキシング)がケビンさん。




身長184cmのケビンさんだから窮屈そうにみえるかもだけど立派なコンソールルームで、コンデンサーマイクにポップガード(息よけの円い網みたいなの。わたしこれも「風防」だと思ってた・・)までちゃんとついてる。

てとらっちは付きっきりで演出、ケビンさんの操作と指示も鮮やかで、安心快適にレコーディングは進行。
ありがとうございました。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 04:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)