紅黒ちゃん

2015年04月12日

紅黒ちゃん2ndライブ@「奇奏ト狂唱ノ宴 23 -黯暗創世記-」


一年振りの紅黒ちゃんライブ!
…の朝、身支度をしていたら左目のコンタクトレンズが解散していました(>_<)
コンタクトがたくさん海岸に落ちてて、どれが自分のだかわからない夢とか、
レンズが巨大化して目に入らない夢とか、
コンタクトが割れてる夢とかたまに見るので、
保存ケースから取り出したコンタクトがこの状態だったときは一度、
「もしかして夢かな?」と思いました。(家を出ているはずの時間に目覚めた時に似ている。)




リハからもちろんほぼ紅黒。(社長の隠し撮りスキル、衰えてませんね…!)
社長「今日、つい白シャツで来てしまったので、こもださんに絶対怒られると思いました。」
怒りませんよ、おねえちゃんも真っ白ですし(笑)。

なんだかこの日のリハもおかしかった。
電車が架線の事故で長時間止まってて、何時間も前に出たはずのおにいが辿りつかなかったり、
演奏中に「どーん!」て音がしたので振り向くと、ベースの藤汰さんのストラップのピンが抜けて落下してたり(藤汰さんも驚いて両手が小さく万歳になったまま固まっていた)、自主リハのあとスクーターで急ぐRuriさんが警察に止められたり。
でもなんかね、心は穏やかだった。言われて気づいたけど、fujimiya.tvの頃は頻繁にライブがあって毎月のように会ってたんだ。だからなんかこの人たちには、ほっとするみたい。


この日は対バンに百眼もいる!続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月02日

麻邑楽と、たくとまり(2014まとめ続編)

(2014まとめ記事に書いたものが思いの外長くなったので、別立てにしました。)

麻邑楽/西邑卓哲さん(FOXPILL CULT、PHAIDIA)について。
6月6日正式結成を発表。
卓哲さんと組むのを決めたとき、百眼でソロ曲をいくつも書いてもらってて、わたしの歌をよく知ってる人だから不安はなく、楽しみしかなかった。語りや演劇の要素が加わったり、お互いのホーム(FOXPILL CULTと昭和精吾事務所)やソロ活動まで関わっていくとは想像してなかったけど。たぶん卓哲さんも、わたしの語りに音楽をつけたり、麻邑楽以外でカバー曲の伴奏しに来ることなんかは想像してなかったと思う。結成の影響かありがたいことに麻邑楽っぽい(笑)お仕事が舞い込んで、特に秋冬は(FPCも忙しい時期に突入してたのに)課外活動で卓哲さんにむっちゃ忙しい思いをさせてしまった。わたしも公演数日前にFPCのコーラス録りしたり、お互い「できそう、やってみよう!」と言い続けた2014年だった。
個人的にも麻邑楽始めたおかげで思いつくことが多くて、そして口に出してしまうと現実味を帯びるから「よし、やってみよう!」って気になって、作詞したり脚本書いたり。誰に頼まれたわけでもなく麻▼楽。CM用の語り音源編集しながら「そうだよね、わたしこういうの好きだったっけ」ってしみじみ思い出した。うん、思いついたこともあるけど、いろんなこと思い出せた。
歌を書いてもらうこと、一緒に歌うこと、演奏してもらうこと、共演すること、音楽を提供してもらうこと、多様な形で関わった。作品を作る上でいろんな話をしたから、いま、ものづくりのパートナーとして、音楽家として、人としても、とても信頼している。個々の頭の中だけじゃなく、思考を目の前のテーブルに(あまり言葉を選ばずに)出して一緒に考えるようなことができる数少ない相手。卓哲さんは去年の秋の自主企画で、わたしを対外的に「盟友」って紹介した。それには親友とか仲間って意味が含まれていて、うーん、いわば幼なじみとか家族に近い感覚もあるかもしれない。
なんか変な人(笑)。そしてありがたい人。


ふじみやたくとこもだまり/藤宮拓さん(UM-アム-、紅黒ちゃん他)について。
年末の「紅黒ちゃん物語」で台本に書いた通り、2011年に「生演奏でアコライブしましょう」って藤宮さんが提案した。それがなかったらわたしはいまマイク持ってライブハウスに立ってなかったかもしれない。「即興演奏で朗読やってほしい」と言い出したのも藤宮さん。その時に「たくとまり」って名前をつけて10分程のひとり朗読をやったけど、一度限りのユニットだと思ってた。「面白かったから今度また、ちゃんと長い持ち時間でやりましょう!」と社長が言ってくれたから、ライブハウスで語ってる今がある。昭和精吾がそうだから、マイクで語るのはわたしにとって自然なことだけれど、いまみたいに回路(語り台本を構成することや、音楽とどう絡めるかを考えること)が開いたのは、たくとまりをやってきたお陰だと思う。わたしにとって、いろんな意味で大きな功労者。
でもおしつけがましさも恩着せがましさもない。
強い主張の仕方をしない人。(たくとまりサイトも自分の言葉では語っていないところが社長らしい)。決して意見を言わないってことではない。我を見せないでも進められるというか、いつも飄々と、軽々としているのに、人をいつのまにか巻き込む。やはり変った人か(笑)。
ボーカルとしても、語りの人と音楽家としても、これからも付き合っていきそうな気がする。
麻邑楽始めてから認識したけど、これもふたりの名前を冠にしたユニットだったんだよね。
それをつける時にまったく身構えなかったのが、たくとまりの関係性な気がする。
蜻蛉さんが社長のことおとうさんって言うけど、そうねえ、社長はバンド一家のおとうさんみたいかなあ。そういえば「紅黒ちゃん物語」でそういう台詞書いてるな私(笑)。


このふたりの変人(笑)に、
「KEVINさん(卓哲さん)が曲書いてくれたら歌います。」(百鬼犬打ち上げ)
「アルバムに、わたしとおにいがメイン取った藤宮さんの曲を入れたいんですけどいいですか?」(震災後)
って、たいした考えもなく思いついたまま声を掛けたのはわたしだ。その時のわたしの能天気ぶりを今褒めてあげたい。そしてそれを受けて、形にしてくれた人たちに、心から感謝を。
これからもどうぞよろしくお願いします。


えっと、まとめて年賀画像!
たくとまりで「星の王子さま」やった日の赤髪ーズ。社長が羊耳をつけてます。
たしかこの日は台風だったっけ。



■戯曲+音楽の弾き語りユニット■麻邑楽-moura-
■即興サントラ朗読ユニット■ふじみやたくとこもだまり





このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月01日

2014まとめ

あらためまして、去年の御礼と今年の抱負を述べる記事です。

2014年の出演は、項目で数えると23本。
PVやアルバムにコーラス・語りで参加したことも数えれば作品数は25本。
昭和さん公演と青蛾館公演でも歌ったもんだから、アムの踊り子と『イト2014』を除く全てのステージで歌ってたことになります。つまり踊るか歌うかの年だったようです。

そして10本の脚本を作る。
構成台本ならできるけどって言い張ってきたのに、ついに台詞書いたり、歌詞書いたり。
大きな一歩の年だったと思います。


年表に印つけてみました(後半に掲載)。藤宮さん関係に◯印、西邑卓哲さん関係に☆印、
ともに12項目ずつ。
音楽が時々自動の朝比奈尚行さんだった青蛾館以外全部に印がついた。
(朝比奈さんが書いてくれた曲「銀幕哀吟」は卓哲さんとカバーしたので、すべての活動がこのふたりに関わってるとも言える)。
ほんとにこのふたりの曲、このふたりの演奏をもらい続けた一年だった。


麻邑楽/西邑卓哲さん(FOXPILL CULT)について。
ふじみやたくとこもだまり/藤宮拓さん(UM-アム-、紅黒ちゃん他)について。

これ、書いたらとんでもなく長文になって年末のまとめレベルじゃなくなったので、別立てにします。

その文章のまとめはこんな感じ ↓
このふたりに、
「KEVINさん(卓哲さん)が曲書いてくれたら歌います。」
「アルバムにわたしとおにいがメイン取った曲を入れたいんですけどいいですか?」
って、たいした考えもなく思いつくままに声を掛けたのはわたしだ。その時のわたしの能天気ぶりを今は褒めてあげたい。そしてそれを受けて、形にしてくれた人たちに、心から感謝を。
これからもどうぞよろしくお願いします。

……これだけ読めば話が繋がります(笑)

そしてこのふたりの曲を歌っていない青蛾館公演と昭和精吾公演について。
青蛾館ではいつも大きな、濃い出会いがあるのだけど、今回はたくさんの才能ある気持ちのある女優陣と知り合えて、同志として作品を作れたことは財産だ。(子供の頃テレビを見て踊っていたピンクレディの未唯mieさんと見つめ合う日が来るとは思わなかったし!(笑))演出でダンサーのスズキ拓朗さんという新しい価値観と出会えたことも、音楽チームの時々自動さんの劇に向けて音楽を作って行くやりかたや佇まいを見られたことも、なにもかもが大きな財産。わたしが敬愛する女優、東野醒子さんと引き合わせてくれたのも、青蛾館だ。女優・野口和美さんの凄さはもちろんのこと、プロデューサー・野口和彦さんが本当に凄腕!!

その青蛾館公演『星の王子さま』では寺山さんの詩を語り、歌った。
上記のふたり以外の人の音楽をいただいて、だ。
わたしが以前、鼻歌で作曲した寺山さんの詩の歌は歌ったことあるけど(これもどこかで再生したいな)、曲を(当て書きで)もらうってのはすごく大きいこと。
麻邑楽を始める時に漠然と「寺山さん曲のカバーもやるかな」と頭に浮かんではいたし、「寺山さんの詩で曲書いてもらうのもいいね」とも話してた。
作曲者の朝比奈尚行さんは、卓哲さんが演奏してわたしが歌う『銀幕哀吟』を聴きに、12/14の昭和精吾公演に来てくれた。そして「また歌ってよ」とレパートリー認定してくれた。
青蛾館を見に来て『銀幕哀吟』を聞いて気に入って昭和さんが「誕生日公演、こもだはあれ歌ってよ」とリクエストしてくれたのだった。いい曲をいただけたお陰だ。その延長で「こもだ、あれも歌えるか」と『時には母のない子のように』もカバーした。
だからどっちも急に実現しちゃった。
麻邑楽を始めて、歌うことが常態になってたことと、結成したからにはと昭和さんに卓哲さんを紹介したことが影響して起きた事態。一年前には全く予想できてない今。
語ったり歌ったり、おもしろい一年だった。

昭和さんは「うたうように語り、語るようにうたえ」と昔から言う。
百眼公演で毎回歌うようになっても、語ることと歌うことはまだ分離していた。
それが2014年には段々垣根が低くなって、回路が行き来できるようになった気がする。
卓哲さんは歌い手でもあるから歌い方をアドバイスしてくれるし、彼の歌ったデモ自体がわたしの糧になる。
マイナーチェンジも含め、2014年にわたしは、たくさん更新されました。
先に、進みます。


語りと歌に特化して来たから、身体パフォーマンスの要素を考える脳が使われなかったな、と思った話も書きたいけど、これもまた別で。


2015年もよろしくお願いします。
2/7には、たくとまりと吉宏で朗読を。
4/12には紅黒ちゃん2ndライブを。
昭和精吾は神戸と盛岡で公演予定です。これも決まり次第報告します。

麻邑楽は、11/29に出すって言った音源を忙しさを理由に延期したにも関わらず、麻▼楽。で新曲書き下ろしのレコーディングしてる謎の展開をお客様につっこまれたので(笑)、6/6の1周年までにはなんらか、なにかをどうにかします(曖昧)。ありがたいことに音源はまだか、ライブはいつだと聞いてくださるお客様がいるので、なにかをどうにかはします(やはり曖昧)。近いうち相談して報告します!続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月31日

たくとまりと拓斗吉宏の「紅黒ちゃん物語」@神楽坂EXP 2014カウントダウンライブ

年越しそばをお昼に食べて、今年も神楽坂へ。
おにいとファミレスで打ち合わせて、いざ会場へ。

2014.12.31 ふじみやたくとこもだまりと藤宮拓斗倉垣吉宏の「紅黒ちゃん物語」


( )は収録アルバム
※fujimiya.tvアコ結成
1. 達磨(アコ)(廻天百眼『存ぜぬ快楽』ほか)
※fujimiya.tvバンド結成
2. 鋼鉄の見世物小屋(アコ)(廻天百眼『少女椿』)
※解散〜紅黒ちゃん結成
3. 13月01日(バンド)(fujimiya.tv『世界樹サーガ』)
4. 無限(バンド)(廻天百眼『存ぜぬ快楽』)


バンド解散から結成のドキュメントを、トークと歌で綴る25分の作品。
結成秘話やりましょうって話が出たのが11/6のこと。
その時点で当日楽器隊3人も会場にいるから1,2曲バンド演奏可能かも、って可能性が提示されていた。

社長「たくとまりと拓斗吉宏名義で如何でしょうか?」
まり「曲演奏するなら紅黒ちゃんの名前出したいです。せっかくだから物語強めで、既存曲何曲かやってミュージカルみたいにできたらいいですね!おにいと社長となら出来そうな気がする!」

麻邑楽的『星の王子さま』ライブ翌日で気が大きくなってたのかな、わたし(笑)
(麻邑楽戯楽曲『失名』書いた勢いで)4日後の11/10には第一稿が上がっていた。



12/28リハ写真。
楽器隊はシークレット出演だから、いつも全員で撮るリハ写真もこんな感じで発表した。
シャッター押してるのは花村時雨さん=東京秘密ラジオどりぃむさん。


12/31本番後、BLACK RIBONS総長と、この日出演の紅黒ちゃん楽器隊(どりぃむさん、悠介さん、社長、るりーさん)。続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月12日

アコクロちゃんと紅黒ちゃんライブの写真集

アコと紅黒ちゃん両方出てる人は併載します。
本番前のツーショットすべて、よく見ると顎にマスクついてるのはご愛嬌。


お誕生日おめでとう、藤宮拓偉こと社長!
新曲発表のあと、関係者数人から「あの歌詞はどういう経緯で?」と半笑いで聞かれたのがいい思い出です(笑)。
了解、の代わりに「かしこまり!こもだまり!」ってわたしがメール返したら社長が閃いて書いちゃったというのが真相。しかもあとから「まり、しか韻を踏んでない。騙された!」と言われました(笑)
「こ」も入ってるけどね…?
 

前バンドからのお付き合いKLEさん!
現在、ムニムニもやってます。アコ衣装は「Tシャツがポイント」だそうです。
逆毛の立て方をKLEさんが教えてくれたので、今日はふわふわが最後まで保ちました!
 

新メンバー・ギターのRuriさん。ほっとさせてくれる人材。
リハから思ってたんだけど、Re;kai+Ruriを客席から見て、感じいいなあ、と改めて思った。雑って言葉から遠い…端正な振る舞いの人。
楽屋で鏡越しにおにいがわたしと見間違えてた。確かに髪型とか身体の線とか、自分でも似てると思った。三次元で似てると思う人初めてなので、いつか双子コスする。紅黒ちゃんではリカイさんに髪型やってもらってかわいい。これるーりーが似合うならわたしも似合うかも…?(希望)
 

新メンバー・ベース、花村時雨さん(a.k.a.どりぃむさん)。メイド服しか見たことなかったけど、紅黒衣装の時雨さんかっこいい。


新メンバー・ドラム、悠介さん。よくこの曲数、ちゃんとこなしてくれたと思う。
本番が一番いいって、勝負強い人なのかな。リズムキープがしっかりしてて歌いやすい。
これからもよろしくお願いします!


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月11日

4/12は新曲「かしこまり こもだまり」の初披露


SAIの稽古が始まって、連絡網はLINEで回ってくるようになった。
ソワレちゃんがわたしの「かしこまり!」に反応して「こもだまり!」って返すもんだから、事情を知らないみんなも一緒になって…




4/12発表の新曲(ていうか紅黒ちゃん的には全部新曲だけど、ほんとに出来たての曲)
「かしこまり こもだまり」、どうぞお楽しみに。(本当です)



ところでSAIの稽古も始まっています。稽古後のごはん会の様子。
おにいは、台本の続きを書く為に歯噛みしながらマシュマロを買って帰ったそうです。
なぜマシュマロ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月06日

4/12の紅黒ちゃん初ライブに向けてのリハ日誌

3/22
【楽器隊リハ】社長+Ruri+KLE+時雨(a.k.aどりいむさん)+悠介+八木+まり

楽器隊リハなんだけど、Vo.がいた方が便利らしいので参加。
わたしはもちろん紅黒着て、缶コーヒーも赤!

新曲のデモがまんまと上がってたので、緊張のスタジオ入り。
しかし初参加の人々は8曲全部新曲なわけだから、それに比べたらね…!

入口でKLEさんの車と出くわす。KLEさんのスタンド付き電子ギター見たら、帰って来たなーと実感。
大量の楽器を見張っていると新メンバーのRuriさんが現れた。舞台の上と下でお互い見てはいるけど、一緒にやるのは今日が初めて。静かな、思いやり深い人。

弦が4人、ドラム、社長は鍵盤もあって、まあ音数の多いこと。
そこに歌い子が5人、今回は踊り子も1人の11人の大所帯。

油断してたけどついに全曲打ち込みなしの生演奏。やっぱり全然違う。
はやく全員で試したいな。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月22日

告知)4/12 紅黒ちゃん結成お披露目ライブ@大塚Hearts+

去年の春に惜しまれつつ解散(すると発表したけどレーベル名が「解散レコード」なだけに解散詐欺だと思われてた、のに本当に解散)したfujimiya.tv
一年の沈黙を破って(と言っても2013カウントダウンライブでex.fujimiya.tv-一夜限りの再結成GIG-をやったよね、ex.fujimiya.acまでやっちゃって、やっぱり解散詐欺だと思われたよね)、fujimiya.tvを母体とした新バンド結成!
その名も【紅黒ちゃん】、アカクロちゃんと読みます。今後どうぞお見知りおきを。
イメージカラーはやはり赤…もとい、紅(アカ)と黒!

詳しくは公式サイトhttp://ak.kaisan.in/にて。
なんと楽器隊が5人。ついにvocal人数とタイに。
完全オリジナルの新曲もひとつ披露します(たぶん)。
一度しかない初ライブ、ぜひお越しくださいませ。

fujimiya.tvを母体とした新バンド、始動!
紅黒ちゃん 初ライヴ&主催イベント
「犬塚レッドブラックゾーン」

2014/04/12(Sat)
大塚Hearts+ (豊島区北大塚2-16-7 セイコーガーデン11大塚B1F)
Open_16:45 / Start_17:00
Adv_羊2,500(+1drink別途) / Day_羊3,000(+1drink別途)
※再入場可
※会場内禁煙

【紅黒ちゃん20140412メンバー】
有栖川ソワレ(Vocal&Flute)
大島朋恵(Vocal&Melodion)
倉垣吉宏、(Vocal)
こもだ☆まり(Vocal)
八木岳(Vocal)
Ruri(Guitar)
KLE(SynthGuitar&Sitar)
藤宮拓偉(Guitar&Keybords)
花村時雨(Bass)
悠介(Drums)
伊藤花りん(Ballet)

ご予約は下記にて承ります◎
ご予約先→(公演終了のため削除しました)




このエントリーをはてなブックマークに追加
mari_air at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)