Air*Log

語り歌う女優、こもだまりの製作日誌(2005〜)。 演劇・語り・ライブ等の上演情報や、稽古や、思索。 昭和精吾事務所 二代目代表。脚本・演出家。麻邑楽×麻人楽。 ヒューマンアカデミー演技講師。

FOXPILLCULT

告知)2020.2.28 FOXPILL CULTワンマン ※スタッフ参加

あと3日!
2/28(金)に昭和精吾事務所で何人分もの活躍をする、西邑卓哲さんが、
自身のバンド【FOXPILL CULT】のワンマンライブを開催します。


IMG_0433

2020年2月28日(金)19:15開場 20:00開演
FOXPILL CULTワンマン『Temple of the Aliens』
下北沢シェルター(下北沢駅5分)

予約¥2,900+1drink代 当日¥3,300+1drink代

▶︎ご予約受付中 http://bit.ly/fpc_r


私は開場中から物販席(客席後方予定)にいるので、声かけてくださいね。

この日は、わたしはいつも通り、物販大臣とカメラマン。
そしてgaizaoの江戸川長一郎さんもいつも通り、スタッフでいます。

虚飾集団廻天百眼からは石井飛鳥さんが撮影、十三月紅夜さんが舞台美術で助けてくれます。
また、新年に声の出演した映画の監督・島津健さんと、なにかとお世話になってる映画監督・大内晋次さんも撮影隊で協力してくれます。

このライブは1月に発売した新譜『異邦人』の世界観で描かれます。
「エイリアンによる観察」をテーマに西邑さんが書いた小説→楽曲製作という作り方をしたアルバムで、曲同士の繋がりや物語性が強く、演劇の観点からも楽しめると思います。
続きを読む

FPC)新譜『異邦人』よりMV『Aの葬列』公開(カメラマンで参加)

1月6日、アルバム収録曲のMV、公開されました。
年末に撮影。
事前に「カメラワークむっちゃよかった!!」と連絡きてたので楽しみにしてたんだけど、この日は西邑さんが最初からえらく乗ってて、撮りやすかったのを覚えています。
どうぞご覧ください。







●2020/1/6 撮影MV公開 FOXPILL CULT「Aの葬列」
(6th Album「異邦人」収録)



発売前に公開した、同アルバムのMV

●2019/10/25 撮影MV公開 FOXPILL CULT「Psycho Future」
(6th Album「異邦人」収録)



FOXPILL CULT公式サイト http://foxpillcult.com/top.html
アルバム紹介はこちら http://komodamari.blog.jp/20200104.html


========追伸=========
FOXPILL CULT 6th Album『異邦人』
ディスクユニオン 週間インディーズ部門にて連続チャート入り!
1月14日付 第1位
1月21日付 第3位

おかげさまで、売行好調。応援ありがとうございます。

FPC告知)1/8 新譜「異邦人」発売と1/11レコ発ツーマン「魔界大混乱」まもなく

昭和精吾事務所を支えてくれてる西邑卓哲(にしむら・たかあき)さん率いるバンド、
FOXPILL CULTのお知らせいくつか!


===================
1)2020年1月8日、FOXPILL CULT 6th Album『異邦人』発売
===================

20200108_6_異邦人


高澤瑛(Ba)・ふなもと健祐(Dr)が正式加入して4人体制となり、
西邑卓哲+Shinpei Morishige(G/Syn)発の共同プロデュースという、新しい形で作ったアルバム。

ブックレットには作品の元となる西邑卓哲によるSF小説が掲載されています。
『「エイリアンによる撮影」をコンセプトに、レトロSFとNEW WAVE/前衛音楽/ビートロック/アングラを映像的解釈で再構築した』とうたっているアルバムは、いわば映画のサントラのよう。
それぞれ独立して楽しめる楽曲でもあるけれど、それを読んでから聞くとまた、見えるものが変わりますのでオススメ。

これまでもFPCの歌詞カードは、実際に歌われているものとまったく同じではなく、世界(最も小さな共同体としての一個人)の複層を感じさせるものでしたが、今回はメンバーが増えたことも関係してか、視点が内に向かうというより外に向かっているのを感じるし、それによって結果、逆に細胞レベルの超ミクロな世界(=それもまた宇宙)を見ているような感覚。

8日、楽しみにしていてください。

というか、お求めいただく予定のあるかたは、ぜひご予約くださいませ。
タワレコ、ディスクユニオンでご予約いただくと特典がつきます。
内容とご予約サイトはこちら!
(※特典は、なくなり次第終了となりますのでおはやめにー!)


【タワーレコード予約特典】
★限定特典音源『Towers』

西邑オススメのバラード曲収録音源つき。
https://tower.jp/item/4990356/%E7%95%B0%E9%82%A6%E4%BA%BA


【DISK UNION予約特典】
★限定特典音源『勝手にくたばれ』
★dues新宿 無料ライブ参加券

音源とDEATHROとのWレコ記念イベントの入場券つき。
https://diskunion.net/jp/ct/news/article/0/85442

<場所>dues新宿
<開催日>2020年2月4日(火) OPEN 19:30 / START 20:00 (入場整列 19:00~)
<出演>DEATHRO/FOXPILL CULT


【収録曲】
1.Aの葬列
2.Psycho Future
3.Shooting by Aliens
4.人間窟
5.かりそめの恋
6.Temple of the Aliens
7.半分機械
8.Dear Romancer
9.異邦人
10.宗教テープ

(10曲入り/2400円)

FOXPILL CULT公式サイト http://foxpill.com/top.html


ところで例のごとく、年末にアクロバティックカメラマン(なまじ動けるので乗ってくると無理な体勢を厭わず撮影するため筋肉痛になる)として働いてきたMV、さっき「カメラワークむっちゃよかったです!」とお知らせがあったので、完成が楽しみ。

秋に公開した、現メンバー4人が参加しているアルバム収録曲のMVを見て、わくわくしてお待ち下さい。(※1/6公開の最新MV追加)

●2020/1/6 撮影MV公開 FOXPILL CULT「Aの葬列」
(6th Album「異邦人」収録)



●2019/10/25 撮影MV公開 FOXPILL CULT「Psycho Future」
(6th Album「異邦人」収録)



続きを読む

血系譜2019)小林桂太さんと追撮

20190725血系譜撮影

8月9日に、去年12月と同じメンバーで再演する麻人楽音楽劇15『血系譜』。
せっかくだからと追加撮影してきました。
わたし演劇の人なのに撮影と録音ばっかりしてるな。


2017年秋、出演者(稲川実加さん、麻宮チヒロさん、左右田歌鈴さん)とロケして本番

その映像販売に向けて、2018年秋、鋤柄拓也さんと追加ロケ

12月、小林桂太さん・左右田歌鈴さんと三人で上演

2019年再演に向けて、桂太さん追加撮影(これが本日。そして写真は今日の撮影の様子)

(7/27追記)音声出演に同じく演劇実験室◎万有引力より森ようこさん決定




曲も脚本も衣装もあるから、本番と同じ条件で撮影できる。本番用の曲かけて撮るのは初めてだ。
FOXPILL CULTカメラマンのノリで行けるかと思ったけど、わたしが預かったカメラが寄りだったので、撮りたいところが切り取るのが難しかった!
勉強になった。
今日の、踊りを撮るようなことは、バンド(演奏)を撮るのに比べて形に幅があるというか、捨てたくない場所がより瞬時に変わっていくから「ああ今あの手先を撮りたいけど!」とか「いまの全身の形が美しいんですけど入り切りません!」というようなストレスが。画角を変えられるカメラか、足元を自由に動けるようにしておかないと狙い通りには撮れないのだと認識しました。迷いがあるからブレまくってるかもしれないな…

そんな苦労があってだから、何テイクも続けてライト浴び続けた桂太さんは終わった途端「暑い!」と上裸になりました(笑)


フリーセッションシーンも撮った。
水もの持ってるしドレスなので多少動きは制限されつつも、桂太さんと呼吸を読みあって動くの楽しかった!自分が仕掛け人だけどやりながら「役得…」と思った。

歌鈴ちゃんとはここ数年、かなりあちこちで共演してるけど、舞台上で目を合わせることは少なかった。百眼では役柄上ほぼ絡んでないし、「糸地獄」は直接対決だけど朗読だからほぼ顔見なかったし、新鮮。
毒子(わたしの役)が妹の薬子(歌鈴の役)に抱くであろう「大人になってきたな」って感慨がちょっとあった。

そしてわたしたちも「暑い!」となったので上裸…にはなれず(笑)


プレビューちょっとしか見てないけど、撮影スタッフに徹してくれた西邑さんが「超いいっすね」を連発してたから、きっといいのが撮れたでしょう。お楽しみに。

そうそう、先日7月23日は、麻人楽を一緒に始めてくれた麻宮チヒロさんの誕生日でした。
チヒロ、すっきー、実はちらっと西邑さんも、映像の中で、この物語の主人公・避雷針売りの家系の人を演じてくれています。誰が過去で誰が未来なのか。おもしろいね。
この上演が終わったら今度こそ映像作品にしよう。


あと半月ほど!ご来場、お待ちしております。

8月9日(金)東高円寺UFO CLUB
FOXPILL CULT企画 「ポトラッチデッド vol.32-奇情天人祭」』

開場/19:00 開演/19:30
【麻人楽は19:30〜19:25 冒頭に上演】

■料金■
前売2600円+1d  当日3000円+1d

■対バン■
FOXPILL CULT純情マゼラン虚飾集団廻天百眼

■料金■ 前売2600円+1d  当日3000円+1d

■予約■ 昭和精吾事務所 予約フォーム http://bit.ly/ssj_r

☞イベント詳しくはこちら
http://komodamari.blog.jp/archives/2019-07-16.html

告知)8/9金 麻人楽音楽劇『血系譜』を小林桂太さん・左右田歌鈴さんと再演決定

久しぶりに古巣・東高円寺U.F.Oclub。
麻人楽を育んだポトラッチデッドに参加です。

麻人楽音楽劇『血系譜』(原作:岸田理生『吸血鬼』)を、
昨年12月14日の昭和精吾誕生日に合わせて打った企画公演『氾濫原2018』での三人、
わたしと左右田歌鈴さんと、演劇実験室◎万有引力の小林桂太さんとで再び!

さらに音声出演(録音)ゲストに同じく万有引力より森ようこさん!妖しく気高い女村長の独白を、ピンポイントですが印象的に語っていただきます。
乞うご期待!


8/9金  19:30〜19:55 東高円寺U.F.Oclub 
麻人楽音楽劇15『血系譜』

(FOXPILL CULT自主企画『ポトラッチデッド vol.32-奇情天人祭-』にて)

構成・演出:こもだまり(昭和精吾事務所)
音楽・映像:西邑卓哲 (FOXPILL CULT)

2017tike_cm2


[出演]
毒子:こもだまり
薬子:左右田歌鈴

避雷針売り:小林桂太(演劇実験室◎万有引力)

[Ag.演奏]
西邑卓哲(FOXPILL CULT)

[音声出演]
女村長:森ようこ(演劇実験室◎万有引力)
男:イッキ

[映像出演]
稲川実加・麻宮チヒロ・鋤柄拓也

[スタッフ]
原作:岸田理生「吸血鬼」
衣装製作(毒子・薬子):左右田歌鈴

201812tikeihu4

201812tikeihu2





201908_member


初演は2016年。2018年に追加撮影をして映像強化して、避雷針売りを桂太さん、薬子を歌鈴さんというキャストで再演。今回が血系譜としては三度目、この組み合わせでは二度目となります。


桂太さんは、『奴婢訓』を終えたばかりなのに即答で快諾いただき、夜中に叫びました(笑)
歌鈴さんは、昭和精吾事務所『水鏡譚』のあと、ともに13日に廻天百眼ワンマンライブを終えてきたところ。みんな忙しいのにありがたいです。

西邑さんは6月7月と〆切も多く、ライブも多く、昭和精吾事務所ではひとり四役(宣伝美術・音楽・映像・演奏)の大車輪を乗り越え、歌鈴さんわたしと共に音楽監督とドラム演奏を務めた廻天百眼ワンマンを終えたところ。
7月28日にも元メンバーのプエル氏を迎えたライブを控えていますが、8月自主企画に向けて準備中です。


歌鈴さんの薬子は、可憐な少女から女に変化する刹那をまた瑞々しく見せてくれるでしょう。
避雷針売りの桂太さんは、人がなにかに呑まれていく様が身体から表現できるし、それが色気ある演技につながっています。寺山さん作品では見られない桂太さんだと思うので、お見逃しなく!



桂太さん、歌鈴さんと上演した2018年版の写真はサイトにありますので、
CM作るまではそちらをご参照いただき楽しみにしていただけると幸いです。

作品紹介はこちら 
麻人楽公式はこちら



===================
ご予約受付中!

■料金■
前売2600円+1d  当日3000円+1d

■対バン■
▽FOXPILL CULT
▽純情マゼラン
▽虚飾集団廻天百眼


■予約■ 
1)昭和精吾事務所 予約フォーム http://bit.ly/ssj_r

2)下記メール、Twitter、Facebook等でわたし/昭和精吾事務所までご連絡ください。
showaseigo14★gmail.com(★→@)
Twitter : https://twitter.com/mari_air
Facebook: https://www.facebook.com/komodamari6



=================
イベント全体
===================
FOXPILL CULT自主企画
『ポトラッチデッド vol.32-奇情天人祭-』
東高円寺U.F.Oclub
OPEN 19:00 START 19:30
【麻人楽は19:30〜19:25 冒頭に上演】


■料金■
前売2600円+1d  当日3000円+1d


LIVE:
FOXPILL CULT純情マゼラン虚飾集団廻天百眼


音楽劇:
麻人楽(昭和精吾事務所)


ポトラッチ2019

水鏡譚)チラシ入稿完了




朝方こんな状態でしたが、先ほど無事に入稿完了。
最近はデータ不備をどきどきして待つくらいなら…とpdf入稿にしています。
以前、トンボのレイヤーに背景載せてて、背景写真全部消えた仕上がり確認用pdfが届いたこともあったなあ…成長したなあ(笑)

pdfだとレスポンスも早くて、入稿1時間以内に仕上がり確認用pdfが届いて、
できました。

f_2109_b

f_2019

早く実物を見たいなあ。
上にも書きましたが、5月下旬からあちこち折り込みます。


5/22 昭和精吾事務所BAR 第三夜
5/22-27 月蝕歌劇団『聖ミカエラ学園漂流記』※岬花音菜さん、大島朋恵さん、白川沙夜さん出演
5/29 FOXPILL CULTライブ
5/31-6/2 劇団フェリーちゃん ※こもだ6/1(土)19:00の回 朗読ゲスト出演
6/13-16 A・P・B-Tokyo


他、6/13〜24リオフェス、偏執狂、廻天百眼ハムレットマシーン、3/31廻天百眼ライブなど。
まずは5/14正午のチケット発売です。よろしくお願いいたします。

水鏡譚フライヤーメインビジュアル完成

今回も秘境までロケに行きまして、撮ってきましたメインビジュアル完成です!
※ロケのことはこちら参照 http://komodamari.blog.jp/archives/2019-04-15.html

f_2019

前々から狙っていたこの雛壇シチュエーション、うまくいくかドキドキしながらの現場入りでした。
Twitterで公開したらなかなか好評で、今回も設営・撮影・編集と西邑さんが大活躍です。
まだまだ音楽や映像で助けてくれるんですけど、
…と書いてるうちに、さっそく仮曲がUPされている!脚本完成急がねば!



この撮影は

撮影・広告デザイン:西邑卓哲
美粧監修:左右田歌鈴
衣装・小道具:こもだまり


そして
題字:砂越聰志

聰志さんは、随分前から知っているうちのお客様。
寺山修司に造詣の深い、そして遊び心があるかたなので、前からなにかと相談に乗ってもらったりしていたのだけど、今回はひょんなことから題字を書いていただきました。
『七七火-なななぬか-』の小道具で実加りんに文字書いてもらったことあるんだけど、生文字(ニュアンス伝われ…!)の力ってすごいですね。おかげでいいのができました。聰志さんも喜んでくれてよかったです。


14日についにチケット発売です。
イープラスにはもう情報自体は公開されていますが、14日正午より受付開始です。
事務所でも、前売とご予約を承ります。
そして、リオフェス通し券(全7演目が一度ずつ見られるチケット)一万円も受付中です。
わたしも参加以前に買ったことあって、前払いしてるからすごく気が楽だし、3つ見たら元が取れるので、おすすめです!

▶︎チケット総合案内 http://bit.ly/ssj_ts
▶︎ご不明点はこちらまでshowaseigo14★gmail.com(★→@)


この一ヶ月、個人的に「撮影」って項目の用事が5つくらいあって、なんだったのかは追い追い発表になると思うのだけど、深夜に長時間カメラマンして筋肉痛になったり、何着たらいいかわからないって直前までうだうだ悩んだり、急いでメイクしたり、猫と遊んだりしました。

それはまた別で書きますね。

昭和精吾事務所恒例、ついでに新アー写も撮ってきたので、(これやると公演数ヶ月前に衣装とか小道具を暫定で決めなくちゃいけないので、大変だけどエンジンかかるし、やってみると生身の力ってすごいからいろいろアイデアが浮かぶし、楽しいです。

この日は、ひさつさん・花音菜ちゃん・歌鈴ちゃんが初対面だったけど、
半日一緒になにかすると、(わたしと西邑さんが撮影準備でテンパって待たせてる間に)、きゃいきゃいと仲良くなってくれたりして、嬉しい。
麻人楽は特にそうだったけど、今回は決め打ちというか、わたしの中でこの人にはこれをお願いしたいっていう役割分担がはっきりしてるのもあって、お互いを認め合ってくれるんじゃないかな。

そんなわけで昨日はチラシの情報面作り(こっちは情報の調整や確認があるので、デザイナーではなく主宰のわたしが作る習わし)のために各人のアー写を選んでいた。初めて見るきれいさだったり、ドラマ性があったり、いい写真が撮れてて楽しい。大量の写真から「いいね」ってのにかたっぱしからタグ付けていく。その中からさらに絞って、本人に候補を送ってダメなの教えてもらって、全体のバランスで決める、みたいな感じ。
イッキさんとぜんさんはおやすみだったから、被写体の男性は西邑さんだけで、しかも西邑さんのはわたしがシャッターを押すから当然なのだけど、西邑さんのはほぼ全部タグついて笑った。
撮影の日にも書いたけど、去年の『七七火-なななぬか-』にも繋がる世界なので、衣装も雰囲気も引き継いでいるところがある。




これが去年の公演『七七火-なななぬか-』のフライヤー。
歌鈴ちゃんは帯まわりと髪飾りのマイナーチェンジ。
花音菜ちゃんは七七火で使った着物に、自分で持ってきてくれた帯。
西邑さんはまったく同じセットだけど、髪色が違うからかなり印象がいました。
ひさつさんは、和装男子、似合ってた。
わたしの着物についてる印をシロにもつけて、髪飾りもお揃い。
どういうことかは、本番で確かめて。



では、いましばらくお待ちくださーい!

FOXPILL CULT最新MV『Holy Mountain』公開(※メインカメラマン)

昭和精吾事務所や麻人楽、廻天百眼、個人プロジェクトでも何かとお世話になっている西邑卓哲さん率いるFOXPILL CULTの5thアルバム『PAGAN WAVE』より、最新MVが公開されました。
(tweetされてるのは短縮版。you tubeにupされたフルバージョンも記事の下の方に貼っておきます。)








MV監督もしてる方達を差し置いてメイン撮影としての紹介で恐縮ですが、
MV用の撮影から最新ライブまで、物販大臣と言いながら(アングル重視で時には柔軟性を活かして変な形になりながら)撮影してきた映像がこうして作品に使われると、やった甲斐があります。
麻人楽の映像考える時にもこういう現場の経験は活かされるし。


youtubeの完全版はこちら。
ストレートなラブソングなのかなと見せかけてオリエンタルにいっちゃう謎の展開からの、西邑氏曰くサンバ展開。どうぞご視聴ください。



この曲の収録されているアルバム『PAGAN WAVE』はライブ会場での物販と、公式通販のほか、
タワーレコード渋谷店・オンライン店でお取扱い。
タワレコ渋谷店での購入のみ、購入特典のTシャツが付きます。
このTシャツの販売予定はありません。
初回納品がすぐ売り切れて、慌てて追加投入した分がまだ少しだけあるみたいなので、ご希望のかたはタワレコ渋谷店へ!




2019年3月、このあとの出没予定

3月中にまとめたいことがあったり、
あらたな出演者が決まったり、
お仕事のオファーがあったり、
ヒューマンアカデミーでの演技講師2期めの最終日が近づいてきたり。

そんなわたしの三月の予定まとめ。
「出没」とはなにか!?
つい首を突っ込んでしまう出没加減に、どうぞご期待ください。






それぞれの詳細はこちら!

▶︎3/20 西邑卓哲(FOXPILL CULT)生誕祭/ポトラッチデッドvol.31




▶︎3/27 昭和精吾事務所BAR@新宿シアターPOO 一日ママ&パパ
http://komodamari.blog.jp/20190301.html

▶︎3/31 ナカムラマサ首個展『首茶論-クビサロン-』@ことたりぬ




告知 ※昭和精吾事務所協力)8/24金下北沢SHLETER FOXPILL CULTワンマン「Stations of the Cult 2 - 死ぬ迄踊れ -」

8/24(金) 20:00 下北沢SHLETER
FOXPILL CULT ワンマン公演
「Stations of the Cult 2 - 死ぬ迄踊れ -」





8月8日に最新アルバム『死ぬ迄踊れ』をリリースしたばかりのポスト・ニュー・ウェーブ・バンド【FOXPILL CULT】が、アルバム発売を記念して1年振りに下北沢SHELTERにてワンマンライブを開催。

ワンマンライブは、演劇の音楽監督としても活動し、劇伴の作曲および出演の経験を積むリーダー西邑卓哲(ex.DARKSIDE MIRRORS/PHAIDIA/MADAME EDWARDA等)が総合的に演出する点も見所。
去年披露した組曲的なライブを進化させ、ふたたび披露する。


ライブの中心となる新譜『死ぬ迄踊れ』は、原点回帰と共感不可能な人体時計をテーマに、彼らのルーツの一つであるゴス/NEW WAVEを主軸にあらゆる音楽が詰め込まれ、「虚飾集団廻天百眼」や「昭和精吾事務所」の音楽監督でもある西邑による演劇的技法を駆使したロックオペラ作品。
ファンの間で傑作として名高い2ndアルバム『邪宗門』を彷彿とさせる大作に仕上がっている。


来場者特典として、音源未収録曲4曲入りアルバム「悪魔の前」を無料配布する。


▶︎来場特典配布音源『悪魔の前』
1.アートサマージ 無記名版
2.DROWNING [2006DEMO]
3.三枚舌の楽隊
4.LAST WONDER

(ジャケ付CD-Rは枚数限定/終了次第ダウンロード用QRコードでの配布)

==================
▶︎『死ぬ迄踊れ』収録曲MV
「出でる時報男」
https://youtu.be/GwLmeeKX3tU

「MEIN REICH」
https://youtu.be/ELJSsxKfI4c

============================
▶︎メンバー出演情報【8/20(月)20:00〜】
FOXPILL CULTがFOOL’S MATE Channelに登場。
メンバー全員出演。番組後半には弾き語り有り。

放送日時:2018年8月20日(月) 20:00〜21:00
番組はFRESH /ニコ生と同時配信いたします。

前半はどなた様でも視聴できますが、
後半はFOOL'S MATE channel会員のみ視聴可能となります。
(FRESH LIVE 月額税込360円/ニコ生月額税込324円)

[ニコ生]http://live.nicovideo.jp/watch/lv315025370
[FRESH]https://freshlive.tv/fools-mate/228311


FOXPILL CULT ワンマン公演「Stations of the Cult 2 - 死ぬ迄踴れ -」、
ついに今週、金曜日に迫りました。

わたしは通常も物販やPV撮影のお仕事をしておりますが、
今公演は(蘭妖子さんワンマン同様)昭和精吾事務所協力体制となっております。

17日のタワーレコード渋谷店にてインストアベントは盛況、
本日20日は FOOL’S MATE Channelに出演、とワンマン直前ながら精力的に活動中です。


上に書いたとおり、FOXPILL CULTのアルバムが組曲なのもあり、去年以上に演劇的な要素を含むライブとなりそうです。去年のSHLETERワンマンに引き続き廻天百眼の石井飛鳥さん、そして渡辺悠紀さんが舞台演出に協力してくれます(8/4は現場にいるからっての百眼ワンマン打ち上げの深夜に、真剣に打ち合わせしたものね…)。

どうぞお楽しみに!続きを読む
次&#9758;9/25 昭和精吾事務所BAR■ご依頼&#9758;showaseigo14@gmail.com■昭和精吾事務所代表。語り歌う女優。脚本・演出。寺山修司・岸田理生作品上演。実写妖怪モデル。麻人楽。ヒューマンアカデミー演技講師■客演&#9758;廻天百眼、SAI、青蛾館、田園に死す三沢篇■協力&#9758;FOXPILL CULT
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 告知)8/22-30 ことのはbox「楽屋」(作:清水邦夫 )に出演します
  • 告知)8/22-30 ことのはbox「楽屋」(作:清水邦夫 )に出演します
  • 告知)8/22-30 ことのはbox「楽屋」(作:清水邦夫 )に出演します
  • 告知)8/22-30 ことのはbox「楽屋」(作:清水邦夫 )に出演します
  • 告知)8/22-30 ことのはbox「楽屋」(作:清水邦夫 )に出演します
  • 告知)8/22-30 ことのはbox「楽屋」(作:清水邦夫 )に出演します
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
bookLog本棚
メッセージ

名前
メール
本文