[WSレポート]山下「唯一無二の声を発見する」〜idenshi195 2021春WS(4)

こもだまり体験レポート企画4つめ。

第四回 講師:山下亜矢香(俳優/声優/ボイスチューナー) 
アーツビジョン所属。1999年、青二プロダクションより声優としてデビュー。俳優、声優としてアニメ、外画吹き替え、舞台に出演する傍ら、ボイスチューナーとしても活躍。これまでに学び培った発声・演技論から、俳優の声と身体を調整し演技に繋げる独自のメソッドを創作。俳優ひとりひとりに対し、きめ細やかなボイスチューニングを行うことから、これまでの出演者や、ワークショップ参加者から厚い信頼を得ている。idenshi195サポートメンバー。

Twitter:https://twitter.com/AYAKA_YAMASHITA


山下高橋
左より こもだまり(昭和精吾事務所)・山下亜矢香(アーツビジョン)・高橋郁子(idenshi195)


【山下氏と私の関わりについて】
idenshi195の0回公演とされている、旗揚げ前ながら言葉の楽譜としての初回公演、2011年「潮騒の祈り」は山下氏・東野醒子氏・私の三人語りで上演している(生演奏:anoa氏)。次に私が出演した2015年「やわらかな鎖」でもボイスチューナーとして稽古に参加、細かなサポートをしてもらった。


【山下氏とidenshi195の関わりについて】
言葉の楽譜になる前から高橋作品に出演しており、高橋の書きたいリズムを熟知している。
2014年公演で演出補としてついてもらい、以降ボイスチューナーとしてサポートしている、idenshi195には欠かせないメンバー。



[こもだまり WS体験レポート04]
2021.3.30

〜idenshi195 2021春のスペシャルワークショップ
「本来の声で空間を変える」〜
4、唯一無二の声を発見する / 講師:山下亜矢香(やました・あやか)




この全7回のWS4日め。
手指消毒、検温、入室時のマスク交換、30分ごとの換気など、感染症対策を取りつつの会となる。

まずは前回2人欠席だったので、足並みを揃えるため、全員で前回やった「名前とばし」をする。ついに水曜枠全員の名前と顔を互いに認識する。それだけでかなり空気は変わる。

そしてWSの課題テキスト「船弁慶」冒頭8行の「定点観測」。前回同様、2行ずつ4人で読む。
これはWSの冒頭に毎回行い、講義を受けての変化を実感するために行う。

劇場で上演しているのを意識して読む、という前提にしたので、「目は本を見ていても客席に声を届ける意識を持ってほしい」「各々でパートを受け持つのではなく、4人で"同じ"情景を語る意識を持ってほしい」「声優畑の方はセンターに立ってるマイクを避けて台本を持ちがちだが、idenshiはマイクを立てないので、台本と正対してください」など細かくリクエストが入る。

のち、「円になって8行を全員で読む」。合図なしに同時に読んで欲しいという実験の3回め。
槙尾さんの即興の講義を受けたから発信も受信も感度や精度が変わると思って楽しみにしていたもの。
高橋さん「繋がれたら、読んでください」。
1回目、始まりが合わない。「集中して外に神経を張って ”行けるよね”、を飛ばしあって、同時にスタートできるよう、音を出す前こそ集中してほしい」
2回目、かなり合う。「音を出す前にこれくらい集中して登場すれば、空間を支配した状態でスタートできる」と。
次の段階「背中合わせの円で2行を全員で読む」チャレンジ。結構行けた!高橋さんも「すごいねー!いま合ったよね!」と喜ぶ。

講師、山下亜矢香さん登場。
高橋さんからidenshi195の関わりについて紹介(前述)。


註)今日のワークは実践編で、あんまり詳しく書くと山下さんの商売上がったりになっちゃうと思うので、随所省略しています。講師の生指導あって効果が出る部分が大きいことをご了承ください。


山下さんは「私自身、喉も弱く発声も悪く、結節の手術をするほど声帯に負担のかかる発声をしていたんですが、手術後に出会ったボイストレーニングの先生が物理的に指導してくれたので、今はオールでカラオケしても大丈夫なくらいに変わりました。」
声がどう引っかかっているのか、どうして出しづらいのかなど、自分自身が悩み経験してきたからこそ、発声に悩む人の心理や身体が理解できるというところがあるという。
浄瑠璃を少し習ったり、やイヴァナ•チャバック(潜在意識に触れていく演技メソッド)や、イリーナ・ブルック(ピーター・ブルックの娘)の元で演出に携わっていたフランスのロラン・クルタン(自分から出た声についていくことで役が生まれるという演技メソッド)のワークショップを受けた。
「心と身体両方からのアプローチ方法を学び、それらを組み合わせた独自のメソッドを構築し、ボイスチューニングや演技指導を行なっています。
私に合ったからって全部が皆さんに合うとは限らないですが、皆さんも自分に合うものを拾って、いいとこ取りしてください。」


「水分補給は10分に一回、一口でいいそうです」とのことで適宜補給しつつ、この2回は物理的な方法のワークをするとのことで、まずはいい声の出る、無理のないいい体勢を作るところから始める。

以降、山下さんが言ったことではなく私の私見で、区別付きにくそうなところは念のため※をつけています。

まずは「立ち方」から。
「鏡の前で自分でいい姿勢だと思う形で立ってください。そのまま真横を写してください。」
手が太ももの真ん中にあればOK。ずれている場合は前体重になっている。靴を履くことで日本人は前体重になった。体を前後に揺すり、前後を4:6くらいのバランスで重心後ろ目に立たせる。それでも太ももの中心より手が前の人は巻き肩だという(わたしもそう)。
武井壮さん曰く「自分のイメージ通りに体が動く人が運動神経のいい人だ」。

※自分の身体の位置をしっかり記憶/認識することは俳優にはとても大切だ。いちいち鏡を見なくても自分の立ち姿や表情を思い描けて然るべきだと思う。今回のワークは、それの声版。自分が狙った音を思い通りに出すための開拓・解放作業だ。

ということで「巻き肩の矯正」=「肩甲骨を寄せる」
なぜ肩甲骨を寄せるかというと、肋骨を縮めずに、肋骨の中の空間を広げて響く空間を広げるため。
オペラ歌手のように、身体の中の筒を広げて響かせるため、肋骨や横隔膜の可動域を広げ柔軟にすること。即効性のあるエクササイズをいくつか。

※わたしもエクササイズ後は巻き肩が軽減された感じで、気持ちよかった…!20代でやっていたモダンダンスの先生Cavatinaにも、お腹だけじゃなく背中側にも空気を入れてと教わった。当時は言語化してないけどこれは肋骨や横隔膜の話で、身体の部位を細かく分けて認識し直すことだったのだと思う。


次に「O脚の矯正」
「立った姿勢で膝を曲げ、くっつけたまま直立する」というのはよく聞くエクササイズだが、その先の、骨盤と尾てい骨の調整をするエクササイズ(補助者がつくやり方と、一人でやるやり方)を教わる。実験体になったOさんも、見よう見真似でやってたわたしも「おや?」ってなるくらい変化があった。

※ 現代人の骨盤は、わたしの印象だとピンチ(反り腰)の人が多いのだけど、それを正常に戻すのは大切。腰やそれを支える筋肉に無理な力が加わっている状態は力みにつながるので、当然、「リラックスしたいい声を出そう」という課題には悪影響がある。
骨盤の前傾/後傾は、ダンスとかヨガでもしないとなかなか意識を向けないものだが、実はいい姿勢のキーになることなので、その「良い」とされる位置は指導者によって多少の違いはあるし、バイオリズムによって骨盤はゆっくり開閉しているので、「ここ!」って一概には言えないが、意識を向けることや、自分で「こんな感じ!」と認識しておく/記憶しておくことは結構大切だと思う。


次に「呼吸」
「吸うことは意識せず、全部吐いてください」。
筒を大きくキープしたまま限界まで吐いたら口を閉じて脱力すれば(お腹を落とすイメージ)空気は入ってくるのだという。

一口水を入れて、次は「発声」
あくびの喉(声帯を開いた状態)の裏声を基本にする。

ざっくりいうと、裏声発声の感覚をつかむために遠吠えして、音の響きが下から円状に回っているイメージを掴んだり、脱力してお腹を揺することで声が響くので、四つん這いで呼吸してみたりと、身体の使い方(呼吸の回し方、という感じかな)を実践。

ハミングや、無意識に楽に出る音がわかる●●や●●や●●●(敢えて伏せます)の声真似をして、自分の声の軸(高さ)を探す。
作品が重厚なものなので、皆、ちょっと低めの音を出そうと頑張っているが、低いところばかり使いすぎて響きが豊かでないと指摘される。実際のピッチが高くても落ち着いた印象にしたり、低くても明るい印象にすることはできると、詳しく説明。

自分の身体(楽器)で出せる上の音から下の音をフル活用できるよう、全身を使って動きながら発声し、手や身体の動きとイメージを声の高低を繋げていく。

※ 「何かになる」「真似る」というエクササイズは、自分の声ばっかり聞こうとして自意識でいっぱいになってる状態から、聞く音(意識するもの)が自分の外に向かう点でも有効な気がした。
真似をするというのは自分から出たものじゃないから、無責任になれる。
私が先生するときに「今あの人がやった事(声)を真似してやってみて」とか「美輪明宏のイメージで喋ってみて」ってやってみたりするのはそこ。



発音時、吐く息の省エネしつつ音を遠くに届けるための口形について説明。

「あいうえお」の口形をはっきり作る=大きく動かすと発音のスピードが遅くなるので、労力の割に滑舌が甘くなることが多いという。口はあまり動かさず、舌を早く細かく動かすことで発音する方法を提示される。
管楽器やブーブークッションなどのように、空気の出る部分が細いと、空気が少なくても鳴る。
声帯に負荷をかけ(開け閉めして)空気の量を調整するのではなく、喉はあくびの状態で開いたまま、口や舌で唇で音を調整していくという。



休憩を挟んで後半は、ついに個々のチューニングへ。
課題テキスト『船弁慶』から「船の舳先には」の箇所を読ませて、音の出し方を山下さんが提示して、真似させて調整していった。

声帯を閉め気味でシャリってる人の喉を開かせる。
前には飛んでるけど後頭部より後ろ空間の響きが弱い人には、身体の動きを使って声を回す意識を強めるエクササイズをする。
子音で息をたくさん消費してしまう人には、省エネをできる口形・舌形を身体に記憶させるためにいくつかの音を繰り返し発音させる。
音の高限・低限まで使えていない人は、やはり身体の動きと連動させながら高低の音を行き来させ、使う音域を意識させ豊かな音を出させる、など。

自分もそうだったが、やっている本人はよくわからないようだ。しかし見ていると、すごく開放された音に変わっているのがわかる。
(「録音録画禁止、体感で掴んで」という主旨のWSなので、わたしも自分の部分は録画で見ていないです!そこは平等に!)

なるほどなーと思ったのは、
子音は息が漏れるので、なるべく早く母音に移行せよという話と、母音の高低で台詞の明暗の印象が変わるという話。
母音と子音を分けるという発想は、第二回の能楽師・川瀬隆士さんも謡曲を声に出してみる時に教えてくれた。(参照:第二回WSのレポートhttp://komodamari.blog.jp/ws2021i-2.html

高橋さんも「言葉の楽譜を奏でる」と表現するけど、語りは確かに演奏で、音質・響き・速度・明暗・清濁・強弱などを意識してするもの。複数になればそこにハーモニー、重ね具合も加わってくる。
こういうの、気にし出したらキリなくて、だから楽しいのよね。
共演者がそこを聞き分けて反応してくれるのも最高に楽しい。

最終的に一緒にワークインプログレスの「原爆詩集」を語る(奏でる)のが誰になるかは最後までわからないのだけど、こうやって意識できることを増やして、積み重ねていった人たちとなら、きっと楽しい演奏になることでしょう。

最後にまとめ。
高橋「今日やったことは今後全部使うので、積み重ねて行ってください。音として真実味のある台詞は揺れているんです。俳優の心が動いていても、声がそうなっていなかったら伝わらない。音として心に届くように、身体から調整する。今後、身体のどこ(「肩」とか具体的に)に音を響かせてくださいって要求をしていくんですけど、観客の脳内に見せる光景を(「ここは引きの画で」とか「それじゃアップの画が見えちゃうので」とか)操れるようになって欲しいです。」

山下「音の高低ではなく、身体のどこにコネクトして響かせるかで役の性別や年齢が変わるので、そこを意識してみてください。」

高橋「idenshi195では作り声は使わないでください。嘘になってしまうので。自分の音域の中で高いところから低いところまで、出る音を使って表現してください。」

山下「実際に男性・女性で使っている音域(高低)は思っていたよりは近く重なっている部分もあるのですが、なぜ男性に/女性に聞こえるのか、研究すると面白いです」



第四回、ありがとうございました。
次回も山下亜矢香さんの「唯一無二の声で奏でる」。楽しみです!


=========
まだ間に合う!
オンライン見学のお申込はこちら 
※ワークショップ全7回とワークインプログレスの稽古までが対象
=========

2021/3/10水〜4/25日 週1×7回
idenshi195 春のスペシャルワークショップ「本来の声で空間を変える」

idenshi2021ws

【内容】(URLはWSのレポート)
々嶌臓У瓩瓩蕕譴詛侏イ虜澆衒(俳優:東野醒子)
http://komodamari.blog.jp/ws2021i-1.html
 
講座:能とは、船弁慶とは(能楽師:川瀬隆士)
http://komodamari.blog.jp/ws2021i-2.html

実技:即興感覚を磨く(俳優・インプロバイザー:槙尾ユウスケ)
http://komodamari.blog.jp/ws2021i-3.html

ぜ袖察唯一無二の声を発見する(俳優・声優・ボイスチューナー:山下亜矢香)
http://komodamari.blog.jp/ws2021i-4.html

ゼ袖察唯一無二の声で奏でる(俳優・声優・ボイスチューナー:山下亜矢香)

実技:空間を支配する身体と動き(役者専門パーソナルトレーナー:Kou)

Ъ袖察В吋掘璽鵑鮗尊櫃冒呂襦idenshi195主宰・脚本演出家:高橋郁子)


■配信内容■
・スペシャルワークショップ全7回分と、ワークインプログレス4/30、5/1、5/2合同稽古まで
(配信される組はA、Bいずれかです)

※ワークインプログレス本番(5/2夜)は別途チケットが必要 ※5/1情報公開します
※私はワークインプログレスにゲスト出演します
※ワークインプログレスとは、製作途中の作品のことを意味し、
WS終了後、受講者の数名と共に『朗読 原爆詩集』を作ります。

■配信期間■
・スペシャルワークショップ7回分:3/15(月)〜4/30(金)23:59
・ワークインプログレス稽古3回分 :5/3(月)〜5/11(火)23:59

https://idenshi195.com/workshop01/kengaku/

■費用(全10回/WIP本番は除く)
^貳漫12,800円(テキスト付)
一般:12,000円
2餔:10.800円(テキスト付)
げ餔:10,000円 

【注意事項】
・撮影・録音はかたくお断りいたします。
・映像は定点撮影・録音です。
・公演の配信映像等とは音質が異なります。(2021.03.15追記)

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。