WIP版『朗読 原爆詩集』の上演が終了した。
有観客の予定が、無観客上演を収録→後日配信となったので「終演しました」とは少し違う感覚。

※5/11まで視聴チケットを販売しています。興味を持っていただけた方はだいぶ下方のリンクからお買い上げください。(取扱者の名前を選べるそうなので、応援する俳優がいる場合はお忘れなく)


WIP=「ワークインプログレス」ってあまり馴染みのない用語だと思うけれど、直訳で ”進行中の作業" つまり、完成ではない途中経過での公開、と捉えて良いかと思う。

3月から約2ヶ月に渡る、こもだまりWS体験レポートの総まとめ。
WS参加者からの選抜された10名と3日で作る、ワークインプログレス版『朗読 原爆詩集』の本番レポート。こちらしか読まない方もおられると思うので稽古篇と一部重複しています。

ラフなレポートとして記録するので、ここまで「盒兇気鵝廚辰峠颪い討燭韻鼻普段の呼び名の「郁子さん」にします。



〜idenshi195 2021春のスペシャルワークショップ
「本来の声で空間を変える」〜


WIP版『朗読 原爆詩集』
原作:峠三吉(原爆詩集) 脚本・演出:高橋郁子





参考:[WSレポート]まとめ(全7回)


全7回のWSを終えて、A・B両組から5名ずつ選抜された10名と私で作る、WIPの舞台。
WS最終日に郁子さんが「選抜にあたり、見るポイント」として伝えたのは以下の通りだった。

・表現者である自覚と目的(作品について、俳優としての自分がどう表現するのか)
・責任感(観客に対して・作品に対して)
・感覚が開いているか(共演者・観客に対して)
・ハードな進行でも楽しめているか

この基準と声のバランスなどで選ばれ、2チームに分けられ、二日間別で稽古、三日目に合流して夜本番というスケジュール(予告通りのハードな進行)。

《朔チーム》
小柴大始
村山かおり
由井美斗
舩澤侑花
薹史子


《望チーム》
やがら純子
松本ちえ
秋本哲志
和田高明
里見瑤子

idenshi195



以降、郁子さんが言ったことではなく私の私見で、区別付きにくそうなところは念のため、【※】をつけて表記していきます。ここはレポートで飽くまで私の解釈で書いているので、郁子さんの意図とずれている場合もあります。


参考:[WSレポート]WS篇(7回分目次)



参考:[WSレポート]WIP稽古篇(3回分)

3月から約2ヶ月に渡る、こもだまりWS体験レポートの総まとめ、WS参加者からの選抜された10名と3日で作るワークインプログレス版『朗読 原爆詩集』の稽古のレポート
WS7回分と、ここに記載してるWIP稽古3回分が「WSのオンライン見学」として11日まで有料公開されています(受付終了)。

ゲネを終えて休憩を挟んで本番直前、山下亜矢香さんの提案で、最後の詩を全員で読んだ。
全ての詩(セットリスト)の最後の曲。ここに全員で辿り着くのだ、という実感をもう一度持つ。
初めてみんなの声で聞くその詩は人の重さ(例えるなら誰かを抱えあげた時の重みのような)を感じられ、最初に声を発する私にみんなの想いを背負わせてもらった気がした。


最初の詩を読む4人の立ち位置こそ「一歩で行ける場所に」と指定したが、あとの動きは即興。
バミリ(立ち位置の印)もなし。朗読者の並び順も即興。(誰がセンターとか上手とかを決めていない)


ここまでのWSで積んで来たこと…俳優としての自覚、楽譜・演奏の理解、即興感覚、声の技術、身体の技術、プランとオーダーへの対応力、全てを以って作品に身を投じる50分が始まった。


(稽古篇に書いた)目だけでなく全身で全てを受容する感じ(殺陣とかダンスのときの目の使い方)に気づいたから、本番は全体がよく見えた。
私たちが脳内で見ていたビジョンは、観客と共有できただろうか?


途中、トラブルはあったが、さほど動揺せず、みんなで乗り切った感じ。
たった2日半の稽古だけど、相手の出方を待ち構える余裕があった。
もちろん荒いところはたくさんあるけど、それぞれの個性や特性をつかんで、ちゃんと受け止めてともに50分を過ごすところまではいけた。

共に読む共演者のことは信頼できて待たずに音を発してもちゃんと息が合ったし、
どういう意図でそう読んだのかもわかった。
声の面でも、動きの面でも、セッションしてる感があった。

調子の悪い時や不安な時は呼吸が浅くなるものだが、共演者の読んでいる呼吸と合わせて、深く穏やかな呼吸で待てた気がする(本番映像はまだ見ていない)。

どんな流れであれ、みんなで作り上げたものだと思えたから、方向性だけ間違えなければ、セッションとしては成功だと思う。


終わって、音楽が止まって、しばらくして演出の郁子さんが「…はい、お疲れさまでした」と言ったけど、誰も立ち上がれなかった。起き上がろうとした人もいたらしいけど、すぐ察知して止まったんだそうだ。それも含めて、ちゃんと繋がれてたし読めてたのだと思う。


この、一緒に呼吸することや(合唱団や演奏家もこんな気持ちになるのかな?)、言葉や合図でなく気配を読んで繋がろうとするから、きっと認識できない部分での繋がりというのができるのだろう。
(双子が遠くにいても痛感とか感情を共有することがあるという不思議現象とまでいかなくても、仲のいい家族や友人の気持ちが自然と流れ込んでくるみたいな、他者に興味を持ってさえいれば使う感覚。

それがおそらく、スピリチュアルな方向というより、科学であり技術であり、誰でも基礎・ルールさえ学べばできるのだとすることが重要な気がする。根性論や精神論でなく、理論に基づいた技術を。


そしてしばらくして起き上がった皆はたぶん、同じ気持ち? 感覚だったと思う。たぶんだけど。
ざっくり伝えるなら、みんなで富士山の山頂まで登った後みたいな。
ものすごく疲れてるんだけど、心地よい疲労感と感じるし、達成感も感じるし、今のこのとてもよい景色をみんなで一緒に見られて幸せだな、という感じ。深く息を吸って吐いたのを覚えている。

そのあと、15分後にはいまいち頭が働かないままアフタートークが開始され、醒子さんと亜矢香さんの感想を聞いて、30分ほどみんなでトークして、集合写真を撮って、着替えて、片付けへ。

帰り仕度をしてみんなで円になって座り、話した。

出演者、演出部、それぞれ一人ずつ感想を言った。
トラブル起きてもどんとこいな感じだったとか、仲間が頼もしく思えたとか、前向きな感想が聞けた。
今回WIPに出演しなかったメンバーの想いも一緒に舞台に乗ってると言った人もいた。


「もしこの先に本番があったとしたら、瞬発力を鍛えて欲しいと言います。つまづいたとしてもひきずらないことが求められます。感覚や共演者を信じて、突き進むこと。今日で終わりではなく、今回のWSで触れたものの中から、自分に必要なものをピックアップして、引き続き積んで行って欲しいです。良い、俳優人生を。」と郁子さんは言った。


峠三吉さんや、あの時代を生きた人や、関わってしまった全部が乗るのだ。
どうせ乗るなら、雑にじゃなく、ちゃんと引き受けて、受け止めて乗せたい。
そのために何が必要か自分で考えて行動するのが、俳優の仕事だと思う。
幸いいまは、求めればたくさんの情報を受け取ることが可能で、家にいたって出来ることはたくさんある。次々やりたいことが見つかって、時間はいくらあっても足りない。



名残惜しかったけど、こんな時期なので、乾杯もなくお別れ。
お疲れさまでした。続けていればまたきっと会えるでしょう!


主催側のみなさんもお疲れさまでした。
WSを実際受けたことプラス、レポート書くためにもう一度体験して言語化することで、たくさん思考し、より深く刻むことができた。ありがたい機会をくれた郁子さん、idenshi195、講師陣、一緒に作品を作ってくれた皆様、このレポートを読んだり記録映像を見てくれたり関わってくれた方、全てに感謝。


本番映像は5月11日いっぱい、1500円で配信します。
お申込みは5月11日の22:30まで。


原爆詩集
2)2021.5.2 上演ワークインプログレス『朗読 原爆詩集』本番 +アフタートーク
(無観客収録、複数カメラによるスイッチング)

視聴チケットはこちら
=========

■公式案内■



原作:峠三吉(原爆詩集)
脚本・演出:高橋郁子(idenshi195)

【出演】
まり2021
こもだまり(昭和精吾事務所)

秋本哲志
小柴大始
里見瑤子
薹史子
舩澤侑花
松本ちえ
村山かおり
やがら純子
由井美斗
和田高明

=========

【アフタートーク登壇者】
原爆詩集トーク
こもだまり(昭和精吾事務所)
山下亜矢香(アーツビジョン)
東野醒子(激弾BKYU)
高橋郁子(idenshi195 主宰)

=========

【スタッフ】
衣装協力:竹内陽子
音楽:ケンソラ
整音:Sugar Sound
撮影:松崎和彦
編集:辻村美奈
ボイスチューナー:山下亜矢香
演出助手:平井友梨・やまちあき
票券:LUCKUP
企画・製作:idenshi195


【配信期間】
5月5日(祝・水)〜11日(火)23:59

【料金】1,500円

【チケット取扱】Peatix (5/11火 22:30〆切)



【配信時間】
本編:約50分
アフタートーク:約30分

原爆詩集




ここからはごく個人的な体験で余談だけど、記録として残しておく。

帰宅してごはんを食べて、通常の生活に戻るために全く別のことをしようと読んだ本に、大地震で瓦礫に埋れた老人を助けるために人を呼びに行ったが建物が倒壊して助けられなかった、というシーンが出てきた。それは今日感じていた世界に通じる絵で、不用意に触れたもんだからドカーンとショックを受けて震えて涙が出てきて自分でも驚いた。

私は戦争はもちろん、大地震も体験していない。物語や歴史を知識として知っているだけ。
今回の朗読は、その時そこにいた人間として、そこに舞い戻って体感を伝えるという作り方だったから、(あくまで個々の想像力の中でだけど)体感してしまった。

俳優は感覚を再現する職業だから、例えば、使っていた音楽とか台詞とかをトリガーに、パブロフの犬みたいにそのシーンにひとっ飛びできる。過去私が演じた二つのシーン、「娘に託して先に死ぬ」「仲間がバタバタ死んでいく」、今回はそれに繋がる感触があった。そして今回気づいたことは、やっていることは演技だけど、本体も痛むんじゃないかってことだった。
「悲しい演技をする時に、感情からでなく、出した音に付いて行けば悲しくなれる、そのメカニズムを使いなさい、そうでないと俳優の心と体が壊れる」というのを今回のWSで習ったけど、それは稽古段階の俳優のアウトプット時のアドバイスで、今回のこれは、物語を読んで登場人物の感情に寄り添ったら悲しくなったとかそういう…共感性の問題かな?
共感性の高い人は、あくびしてる人見ると移ったり、泣いてる人見ると悲しくもないのに泣いたりするらしい。俳優って程度の差はあれ、大抵そうだと思う。他者の感情を観察する技術が必要で、わかってしまうから流れ込んでくる。(だから普段はシャットアウトしてる人もいるかもしれない)

何が言いたいのかというと、今回案外、本体が痛んでしまったんだと思った。
これはいかん!ということで、ゆっくりするつもりだった翌日に、動いて気分転換を試みて元気になった。それでもその翌日、たまたまTVで見てしまった小田和正のライブで涙ぐんでるファンの人を見たら泣けてしまったくらいにはまだ、へろへろではある模様。

でもこれも、俳優には財産だと思う。
幸せな思い出も、怒りも、悲しみも、名付けられない感情も。