先月の着物モデルで、コーディネイトされた一式を着つけてもらった影響で、着物生活に変化が!


まず、色柄半襟をたっぷり出す着付けもいいなと。
「今年は色柄半襟に挑戦する」って確か書いてるけど、これまで二回くらいしかしてない。コーディネイトの段階でつい、白半襟のほうがいいような気がしてしまって。でも、なんか、コツがわかった気がするので、今後はもう少しやってみよう。

それから、「短くても着られるじゃん」。
通常の着付けでは身丈は身長分と言われる。顔の分がお端折になるという計算。
だからこれまで自分の身長=160センチ近いものでないと買おうと思わなかったのに、Wingさんとのおつきあいで、自分が149センチの着物でぎりぎりお端折を取って着付けてもらったのを踏まえると、150センチあればお端折取って着られる、という結論になり(半襟たっぷり出す着付けだから、少し余裕があるとはいえ)、当日(わたしの着付けもしてくださった)スタッフの香里さんが対丈で着ているのを見て、案外違和感ないのも分かった。ちょっとワンピース感覚・・・かな。
対丈だったら、135くらいあれば余裕・・・か?

そんな折り、別件でyahoo!オークション見てて、ついでに着物コーナーも見つけちゃって、買っちゃったのが画像の着物と帯。

だって赤い紬で、龍と兎の柄の着物なんてずるいよ!仕方ないよ!どストライクだものー!
身丈は短いから、ライバルは出てこなかった。対丈用。


帯は、ピンク地に牡丹・菊・撫子・梅・水仙など四季の花が刺繍されてる。
これまでだいたい、帯にしても(この着物みたいな)赤とか黒とかはっきりした色を選ぶことが多かったのだけど、こないだピンクの半襟なんか選んでもらって、こういうのもありなのかなーと。


着物に興味ない人からすると、「だからなに?」でしょうけど(笑)

でも今月、まだ一回も着物着てないのです。月末のライブまでおあずけなのかしら。
衣装の着物は赤か黒か白だもんなー。違う感じの着たいなー。元気があったら週末、着物で出掛けようかな。