Air*Log

語り歌う女優、こもだまりの製作日誌(2005〜)。 演劇・語り・ライブ等の上演情報や、稽古や、思索。 昭和精吾事務所 二代目代表。脚本・演出家。麻邑楽×麻人楽。 ヒューマンアカデミー演技講師。

音楽・ライブ

期間限定公開)『血系譜+』2018 本番映像(2018.12.14「氾濫原」ver.)

映像・音声・俳優の同期による幻想音楽劇・麻人楽(まとら)の、
小林桂太さん(演劇実験室◎万有引力)を迎え上演した吸血鬼の物語。


先日予告していた麻人楽過去動画公開です。
微力ながら、がんばってる皆様にエールを送るべく急遽公開。
(うちはゾロ目進行なので3月3日公開を狙ってたんですけど、ちょっと間に合わず・・・!)

2018年12月上演のワンカメ本番映像に、投影映像を重ねて編集。
その投影映像(スクリーンに映しているもの)には初演時の本番映像が入っているので、
それをさらに映像で見ると、どこまでが生で、どこが映像なのか、わたしも頭がこんがらがります。
その混ざり具合も麻人楽の趣向なので、気にせず受け止めてください。


2019年8月には映像を追加撮影し、同キャストで上演。
その時には、桂太さんを含めて追加撮影を行い、声のゲスト(この回ではイッキが語っている「女村長」のセリフ)に演劇実験室◎万有引力・森ようこさんを迎えて、パワーアップしてお届けしました。

その2019年版も今年発売予定なので、それに先がけて放流します。
本編22分+カーテンコールです。

お時間のある時に、ご覧いただけたら幸いです。


===================
麻人楽音楽劇13 「血系譜+」2018


● youtube直はこちら
https://www.youtube.com/embed/E6AfOZkZkX4

===================続きを読む

予告)近日、『血系譜』2018(氾濫原」ver.)を期間限定公開します

麻人楽音楽劇13『血系譜』の上演映像を公開します。
自宅待機の方も多いみたいですし、お時間あれば見てください。

2019夏におなじキャストで、映像も追撮してバージョンアップして上演しており、今年その映像も発売予定なので、旧版を放流します。

どうぞお楽しみに。

ある村に迷い込む避雷針売りの男に、演劇実験室◉万有引力の小林桂太さん。

初演では稲川実加さん演じた妹役に麻人楽の常連、左右田歌鈴さん。
姉をわたし、こもだまりが演じています。



2019上演時のCM動画
(2018上演映像に、投影映像と追撮分も多少加えたもの)

告知)2020.2.28 FOXPILL CULTワンマン ※スタッフ参加

あと3日!
2/28(金)に昭和精吾事務所で何人分もの活躍をする、西邑卓哲さんが、
自身のバンド【FOXPILL CULT】のワンマンライブを開催します。


IMG_0433

2020年2月28日(金)19:15開場 20:00開演
FOXPILL CULTワンマン『Temple of the Aliens』
下北沢シェルター(下北沢駅5分)

予約¥2,900+1drink代 当日¥3,300+1drink代

▶︎ご予約受付中 http://bit.ly/fpc_r


私は開場中から物販席(客席後方予定)にいるので、声かけてくださいね。

この日は、わたしはいつも通り、物販大臣とカメラマン。
そしてgaizaoの江戸川長一郎さんもいつも通り、スタッフでいます。

虚飾集団廻天百眼からは石井飛鳥さんが撮影、十三月紅夜さんが舞台美術で助けてくれます。
また、新年に声の出演した映画の監督・島津健さんと、なにかとお世話になってる映画監督・大内晋次さんも撮影隊で協力してくれます。

このライブは1月に発売した新譜『異邦人』の世界観で描かれます。
「エイリアンによる観察」をテーマに西邑さんが書いた小説→楽曲製作という作り方をしたアルバムで、曲同士の繋がりや物語性が強く、演劇の観点からも楽しめると思います。
続きを読む

桐朋学園短期大学芸術科53期ミュージカルコース卒業公演『くるみ割り人形』観劇

青蛾館で2016年春に上演した、寺山修司『くるみ割り人形』。
スタッフ陣、つまりパッケージそのままで、桐朋学園の卒業公演として上演されるとのことでもちろん見てきた!なんて贅沢。しかも俳優座劇場!


原作:寺山修司
構成・演出・振付:スズキ拓朗(CHAiroiPLIN、コンドルズ)
プロデューサー:野口和美(青蛾館)
音楽:朝比奈尚行(時々自動)
演奏:時々自動[鈴木光介(tp) 砂川佳代子(cl) 高橋牧(acc) 日高和子(as,bs,cl) 柴田暦(vo)]


ミュージカル科の公演なので、わたしの参加したver.より歌パートが増えて、曲もポップ目にアレンジされていたけど、音楽・台詞・衣装ヘアメイク・構成・ダンスなどの演出が同じなので、曲がかかると「ああこの次のダンスはつらいやつ…」「早替え間に合うか怖かったなあ」とか変に心拍数上がる場面もあったけど、「ここ、観客はこういう風に感じるんだ」とか「今回はこうアレンジしたんだ!」とかもと参加者としても楽しみ、かつ、純粋にステージを見るものとしても楽しんだ。

貴重な経験だった。
当時の仲間達ともたくさん会えた。
わたしが用意していただいた席は左隣が蘭妖子さん、右隣が蜂谷眞未さん。
三人ともたくさん笑った。

終演後、(当時の共演者で)今回演出助手を務めた岩坪成美さんが「紹介していい?」って宮廷星占い師を演じた飯塚あみちゃんに引き合わせてくれた。
出演したときの思い出(楽屋の鏡前に貼ってた、忘れちゃいけないたくさんの段取表など)とともに新旧星占い師のツーショを(右下)。

IMG_0470-m


もらったカラーのパンフレットには、演出のスズキ拓朗さんが、出演したひとりひとりに向けてコメントがあった。中でも「君はこういうところが武器だから、(作家名)の(作品)が合うと思う。」というようなコメントがすごくいい。最高の卒業祝いだと思う。
若き演劇人に明るい未来あれ。
まだまだ、何にでもなれるよ。


IMG_0469
続きを読む

FPC)新譜『異邦人』よりMV『Aの葬列』公開(カメラマンで参加)

1月6日、アルバム収録曲のMV、公開されました。
年末に撮影。
事前に「カメラワークむっちゃよかった!!」と連絡きてたので楽しみにしてたんだけど、この日は西邑さんが最初からえらく乗ってて、撮りやすかったのを覚えています。
どうぞご覧ください。







●2020/1/6 撮影MV公開 FOXPILL CULT「Aの葬列」
(6th Album「異邦人」収録)



発売前に公開した、同アルバムのMV

●2019/10/25 撮影MV公開 FOXPILL CULT「Psycho Future」
(6th Album「異邦人」収録)



FOXPILL CULT公式サイト http://foxpillcult.com/top.html
アルバム紹介はこちら http://komodamari.blog.jp/20200104.html


========追伸=========
FOXPILL CULT 6th Album『異邦人』
ディスクユニオン 週間インディーズ部門にて連続チャート入り!
1月14日付 第1位
1月21日付 第3位

おかげさまで、売行好調。応援ありがとうございます。

FPC告知)1/8 新譜「異邦人」発売と1/11レコ発ツーマン「魔界大混乱」まもなく

昭和精吾事務所を支えてくれてる西邑卓哲(にしむら・たかあき)さん率いるバンド、
FOXPILL CULTのお知らせいくつか!


===================
1)2020年1月8日、FOXPILL CULT 6th Album『異邦人』発売
===================

20200108_6_異邦人


高澤瑛(Ba)・ふなもと健祐(Dr)が正式加入して4人体制となり、
西邑卓哲+Shinpei Morishige(G/Syn)発の共同プロデュースという、新しい形で作ったアルバム。

ブックレットには作品の元となる西邑卓哲によるSF小説が掲載されています。
『「エイリアンによる撮影」をコンセプトに、レトロSFとNEW WAVE/前衛音楽/ビートロック/アングラを映像的解釈で再構築した』とうたっているアルバムは、いわば映画のサントラのよう。
それぞれ独立して楽しめる楽曲でもあるけれど、それを読んでから聞くとまた、見えるものが変わりますのでオススメ。

これまでもFPCの歌詞カードは、実際に歌われているものとまったく同じではなく、世界(最も小さな共同体としての一個人)の複層を感じさせるものでしたが、今回はメンバーが増えたことも関係してか、視点が内に向かうというより外に向かっているのを感じるし、それによって結果、逆に細胞レベルの超ミクロな世界(=それもまた宇宙)を見ているような感覚。

8日、楽しみにしていてください。

というか、お求めいただく予定のあるかたは、ぜひご予約くださいませ。
タワレコ、ディスクユニオンでご予約いただくと特典がつきます。
内容とご予約サイトはこちら!
(※特典は、なくなり次第終了となりますのでおはやめにー!)


【タワーレコード予約特典】
★限定特典音源『Towers』

西邑オススメのバラード曲収録音源つき。
https://tower.jp/item/4990356/%E7%95%B0%E9%82%A6%E4%BA%BA


【DISK UNION予約特典】
★限定特典音源『勝手にくたばれ』
★dues新宿 無料ライブ参加券

音源とDEATHROとのWレコ記念イベントの入場券つき。
https://diskunion.net/jp/ct/news/article/0/85442

<場所>dues新宿
<開催日>2020年2月4日(火) OPEN 19:30 / START 20:00 (入場整列 19:00~)
<出演>DEATHRO/FOXPILL CULT


【収録曲】
1.Aの葬列
2.Psycho Future
3.Shooting by Aliens
4.人間窟
5.かりそめの恋
6.Temple of the Aliens
7.半分機械
8.Dear Romancer
9.異邦人
10.宗教テープ

(10曲入り/2400円)

FOXPILL CULT公式サイト http://foxpill.com/top.html


ところで例のごとく、年末にアクロバティックカメラマン(なまじ動けるので乗ってくると無理な体勢を厭わず撮影するため筋肉痛になる)として働いてきたMV、さっき「カメラワークむっちゃよかったです!」とお知らせがあったので、完成が楽しみ。

秋に公開した、現メンバー4人が参加しているアルバム収録曲のMVを見て、わくわくしてお待ち下さい。(※1/6公開の最新MV追加)

●2020/1/6 撮影MV公開 FOXPILL CULT「Aの葬列」
(6th Album「異邦人」収録)



●2019/10/25 撮影MV公開 FOXPILL CULT「Psycho Future」
(6th Album「異邦人」収録)



続きを読む

氾濫原2)麻人楽音楽劇16「幻視+」2019 終幕

2016春、青蛾館出演後1週間で本番(マチネ上がりの日にレコーティングしたんだったかな?)という今思えば恐ろしいスケジュールで上演した『幻視+』。その再演でした。

麻人楽(まとら)ていうのは、西邑さんのサイケ映像×麻邑楽の爆音楽曲で見せる幻想音楽劇です。
(参照:麻人楽official http://www.osk.3web.ne.jp/~nanten/matra/

2015年2月に上演した『幻視』の後、2016年8月までに『幻視シリーズ』として5作品を発表。
『幻視+』はシリーズ4作目、そして麻人楽音楽劇としては5作目でした。今回16ですって。
結構やったんだなあ!

麻人楽上演リスト
http://www.osk.3web.ne.jp/~nanten/matra/mt_bio.html



2019.12.13(金)新宿シアターPOO
麻人楽 音楽劇16「幻視+」2019

脚本・演出:こもだまり(昭和精吾事務所)
音楽・映像:西邑卓哲(FOXPILL CULT)

スクリーンショット 2019-12-18 4.56.04-m

20191213幻視+2019 5.15.12_石井-m

「うちの家系には何代かにひとり、眼の病を持って生まれるものがある。
それは赤い目、あるいは幻を視ると書いて幻視と呼ばれる。」
祖父、戌井 壮の手記はそう始まっていた。

「一体どちらが鬼かしら」
一人きりの暗闇の中でだけ見えてくるものがある。
満月の夜、男は開けてはならないと言われた箱を開けた。
これはその百年後、男の子孫である伶から始まる物語。

「百年経ったら返しに来て」


=========

【出演】
男・戌井 伶(いぬい・りょう):梶原航(航跡/ZINGY ZAP)
IMG_0608幻視+-m

女・尾崎葉子:こもだまり
IMG_0448幻視+-m

鬼影:辻真梨乃
IMG_0382幻視+-m



【映像出演】
祖父・戌井 壮(晩年):昭和精吾
20191213幻視+昭和_西邑-m

祖父・戌井 壮(青年):麻宮チヒロ
20191213幻視+チヒロ_西邑-m

【音声出演】
母・河臨:稲川実加
祖母・実咲:左右田歌鈴



===================
音響PA:飯塚ひとみ
映像オペ:江戸川長一郎(gaizao)
動画撮影:石井飛鳥(虚飾集団廻天百眼)、西邑卓哲(FOXPILL CULT)
衣装(鬼影):左右田歌鈴
眼帯デザイン:麻宮チヒロ



続きを読む

御礼)りくろあれ企画「弦月音-ユミハリネ-」

りくろあれ企画「弦月音-ユミハリネ-」、ありがとうございました。


20191104ユミハリネ


20191104リンリ

リンリ.は、りくろあれと逆で、大島さんが語りまくり、Rekaiさんが歌う。
楽曲も好きな曲がたくさん使われており(やはり円い夜は名曲だ)、物語と相まってぐっとくるし、(アルバムで聴いている時と意味合いが変わって)新鮮でもある。
効果音を生で出したりするのはやっぱりドキッとしていいね。

リンリ.は、というかRekaiさんの描く世界は、日常の中の、例えば靴に砂が入った時のような小さな異物感を見過ごせず、生きづらくなって自分の居場所からいなくなってしまう、そんな物語が多い。ちょっと鈍感になってしまえば今まで通り過ごしていけるのに、その人はその欠落や違和感をないことには出来ない。孤独だけれど充足してもいる、たった一人の世界。

そんなRekaiさん、かわいいこといってくれたから貼っておく。



===================

りくろあれ。歌を挟んで物語が進行していくスタイルは、リンリ.と一緒。
ざっくり言うと、大島さんが歌、みーもがヒロインと身体性、わたしが語り(観察者)という感じ。

20191104シロノヲト1


昼と夜とで、使う楽曲が一部違い、つまり演出が変わる。
稽古では混乱もあったが、本番は着実に踏みしめられたと思う。

三人は目を合わせずに、声と気配だけで繋いだ糸を頼りに息を合わせる。

歌詞も台詞だし、台詞も歌のように最適な音や強さや速度がある。つまり60分の楽曲の解釈を共有してお届けする、みのるという素敵な部屋での演奏会で、このメンバーだっだからできた作品。

私の役・棗[なつめ]は、見守る役割の登場人物なので、台詞は、記録した日々の出来事を読み返して思考していると解釈した。
歌は、彼女が自室で聞いている音楽であり、歌詞は彼女の回想や、思考内容や、手記の内容。
うちとりくろあれの様式の違いに戸惑い、難しかった分、乗りこなし甲斐があった。

回想の中の繭の兄・樒[しきみ]さんとの会話シーンは、落語家のように 棗/兄/地の文 を行き来する。かつ2人がそれぞれの感情で興奮するので、御するのに苦労した。初演の兄役を演じた方を知っている為か、私の目には実際には登場していない彼の姿が見えていた。RONさんに会ったら「お兄様興奮しすぎです!」と苦情を言おうと思う(笑)

昼と夜で構成が微妙に違う、つまりは一回限りのテイクを2演目するようなもの。
しかも、同じ台詞の場面も多いけど、前後が違うから、同じ感情ではない。
まあそもそも相手役や会場の空気が違えば演技は変わってくるんだけど、その振れ幅は静かだけれど大きい。微妙な差異を丁寧に拾って、違和感や変化を見逃さないように、気配を全身で受け止めながら的確な反応する。そんな演目だった。棗が繭に対してそうしようとしているように。


りくろあれという大島さんの世界に呼んでくれてありがとうございました。
スタッフのおふたりもいい方で、安心して過ごせました。

大島さんとはこのあと、こんどはわたしのホーム、昭和精吾事務所「氾濫原2」でお手合わせ。
たのしみです。

告知)11/4月祝 りくろあれ×リンリ.「弦月音-ユミハリネ-」に出演します

9/25の昭和精吾事務所BARに大島朋恵さんがゲスト出演していただいての急な発表となりましたが、
大島さんの主宰する[りくろあれ]の「シロノヲト。」という作品に出演します。




りくろあれ×リンリ.one-man × one-man show
r.a.02_05「弦月音 -ユミハリネ-」

会場:経堂アンティークスタジオみのる
タイムテーブル:3ステージ
13:30 りくろあれ「シロノヲト。+xx6」
17:00 リンリ.「twilight.」(※こちらには出演しません)
19:30 りくろあれ「シロノヲト。-xx9」
※大島朋恵さんはリンリ.のパフォーマーでもあるので、この日は全ステージに参加します。

http://ooshimatomoe.net/ooor.aooo/02-05

ツーマン公演の対バンは、
去年の春に踊り子として出演させていただいたRekaiさん主宰の[リンリ.]
(その時の日誌はこちら
Rekaiさんの、潔癖さと残酷さを内包する童話のような物語。少女性と女性性の狭間の揺れる目のみつめる世界を、Rekaiさんの歌で紡ぎます。

そしてわたしが初参加となる、りくろあれ
「シロノヲト。」は3年前に宇都宮で上演した作品で、物語を島村秀男さんの楽曲で紡ぎます。
初演は5人でしたが、今回は水川美波さんとわたしと大島さんとの3人ver.でお届けします。

そんな訳で、わたしは語り倒す予定。しかも、昭和精吾事務所とは違う手法を選ぶと思います。
昭和精吾事務所の代表的な語り、長編叙事詩『李庚順』でも「地の文」と「台詞」と「心の中の台詞」と語り分けはありますが、「シロノヲト。」は完全な語りものとも違い、ならばもう少し地の文も台詞(感情)寄りなほうがいい気がして…、さすがに初見ではその調整は仕切れませんでした!(笑) でも、やったことないことってわくわくする。きっと乗りこなしてみせます。

水川さん=みーもとは、舞台芸術創造機関SAI『PARADE』で共演していますが、絡むシーンはなかったので、また出会えてよかったです。殺陣やダンスもなさるせいか、声にも視線にも何気ない姿にも、きっぱりとした芯がある女優さんです。

大島さんいわく「うちには見目麗しい人しかお呼びしない」(笑)のだそうで、せっかくそう言っていただいたので、大島さんのうつくしい世界の住人となることを楽しんできます。
大島さんの世界は、細い細いペンで描くモノクロの繊細な風景画のよう。太陽や月の明かりが差しているのに、絵の中のごく小さな翳りの存在に気づいてしまったら目が離せなくなる。そんなイメージです。

後半につけた詳細にありますが、「2演目見る」「3演目見る」などセット券もあります。
また、わたしの参加する「シロノヲト。」は、13:30と19:30の回で使用楽曲と構成が少し変わりますので、見比べてみても面白いかもしれません。

10、11月はこのほかには昭和精吾事務所BAR(と、FOXPILL CULT物販大臣)しかお会いする場がない予定です。
そしてりくろあれ東京公演はとてもレアなので、ぜひ、お見逃しなく。続きを読む

御礼)廻天百眼レコ発ワンマン「闇が発芽する」@下北沢SHELTER

2019百眼闇が発芽する

今年も廻天百眼ワンマンが終わった。
SHELTERも二回目となると、少しだけ勝手がわかって、ホーム感が芽生える。

劇団で、マイクを最前列に5本、コーラスに2本も立てて、リハも長いのに
根気よく付き合ってくださる(外部の者ながらスタッフさんには本当に何度も御礼をいう)おかげで、
今年も無事に、大盛況の2時間だった。

いろいろ細かく書きたいけれど、次に追われているのでひとまずTwitter記事にて振り返る。




B5630D45-39E3-4627-9975-115987252E23
前半「殺しの神戯」より天地人のミサキ

4BF6DEB0-2C3B-4B03-A08F-B29AC83349D7
後半「闇を蒔く」よりヘカテー


怒涛のセットリスト前後半20曲+アンコール3曲!
201907闇が発芽するライブ


ソロ曲「銀の弓」はあたたかくも紫のサイリウム(キンブレ)降っていただいてありがとうございました。大好きなりんごちゃん(モノマネの人)の「ミュージック、スターティン!」をやろうとしてやり損ねたのだけ心残り。
曲をもらった時、「こんなキー低いオペラっぽいの保つの難しいからここファルセットでいいですか?」って西邑さんに言ったら「ヘカテーはそんな女みたいな声出さないでしょ」って返されたという鬼軍曹エピソードがあるのだが(ヘカテーは性別的には女です…)、通し稽古のあとに音響の飯塚さんに「あの曲、すごい声出てるね」って言及されたり、お客様にも声量が段違いだとか褒められた。
西邑さん曰く、「鬼姫」の紅葉ソロのリベンジの気持ちもあったそうで、「鬼姫」は麻宮チヒロとの共同製作で西邑さんは稽古に参加しないで曲だけ提供してる時代のため、本番で歌うのを見て「こうすればよかった」と改善点を見つけて反省があったのだそうだ。

ソロパートのある「幻想混乱衆愚愚昧」も「ヘカテー様の美しい『断頭台』(歌詞)」とお客様に言ってもらえる程になった。(燃える本やリフトがある、中盤の派手な曲だしね)ソロ頭とソロ終わりが張って歌うしかない音(ミックスで出る限界音域)なのが、結果的に見せ場になったという感じ。
ちょっと無理してるくらいのほうが見てるほうに伝わるものがあるんだよね。
音楽監督のいうことは聞くものだ。ありがとうございました。


アンコールでは「見世物地獄」を初めて紅夜とツインボーカルで。
ただし、作家とヘカテーなので変な感じ。
次の「カゴメカムゲノム」も見た目は作家とヘカテーなのに、荒川れいこさんの撮ってくれた写真見て「これ顔が完全に(その曲の役の)麗華と影華だね」と言うと紅夜も同意して笑った。
2019闇が冥婚



















これでヘカテーもひと段落。
金色の目とも、ざっくんのウエディングドレスともお別れです。



あっ、このライブとは関係ないんだけど、袖で本番が始まる直前にマリノスが、「こないだの李庚順、あれ泣いちゃいましたよー、もともと文字では読んでて、でも前に聞いた時はそこまでわからなかったんだけど、イッキさんとこもださん二人バージョンわかりやすくて。李庚順泣けます」と教えてくれたのが、大変嬉しかった思い出。
次&#9758;9/25 昭和精吾事務所BAR■ご依頼&#9758;showaseigo14@gmail.com■昭和精吾事務所代表。語り歌う女優。脚本・演出。寺山修司・岸田理生作品上演。実写妖怪モデル。麻人楽。ヒューマンアカデミー演技講師■客演&#9758;廻天百眼、SAI、青蛾館、田園に死す三沢篇■協力&#9758;FOXPILL CULT
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 昭和精吾の8度目の命日です。
  • 昭和精吾の8度目の命日です。
  • 昭和精吾の8度目の命日です。
  • 昭和精吾の8度目の命日です。
  • 昭和精吾の8度目の命日です。
  • 歌います)7/27 ライブ「白夜行」に出演します
最新コメント
bookLog本棚
メッセージ

名前
メール
本文